Fedora 27 からは YumExteder(DNF) から dnf-dragora へと変更された。

そこで今回は、「dnf-dragora」(パッケージ名:dnfdragora)について説明してみようと思う。

 

 

dnfdragora ( ver 1.0.1 )

dnfdragora は DNF の GUI ツールだ。

dnfdraora

端的に言ってしまうなら、非常に使いづらいツールだ。

 

諸悪の根源は、リストの並び順だろう。

何かパッケージを検索してみると分かるのだが、『バージョン』や『Arch』『状態』などが隠れてしまうために、確認するためには一々スクロールバーを操作する必要がある。

YumExteder(DNF) から見ると、明らかな改悪なのだが、強制移行なので諦めるしか無い。

これなら、コマンドの『DNF』 を覚えたほうが、幾らかマシだ。

 

しかし、それでも GUI で操作したい人の為に、説明しようと思う。

 

まず最初は、『ファイル』メニューからだ。

  • 『Reset the selection』 … 選んだ項目を、元に戻す。
  • 『Refresh Metadata』 … メタデータ(更新キャッシュ)をクリアする。
  • 『Repositories』 … リポジトリーを操作する。
  • 『終了』 … アプリケーションを終了する。

 

次は『Options』だが『User Preferences』しか実装されていない。

  • Layout(ドコがレイアウトなのか意味不明である)
    • 『Show…』 … 再起動時に更新を表示する。
    • 『Do…』 … グループビューを再起動時には表示しない。
  • System options
    • 『Proceed…』 … 180分毎に同意なしに更新をチェックする。

 

次は『Help』だが実装されていない。

 

  • 『グループ』 … グループパッケージを表示する。
  • 『すべて』 … すべてのパッケージを表示する。

 

  • 『すべて』 … すべてのパッケージを表示する。
  • 『インストール済み』 … インストール済みのパッケージを表示する。
  • 『To Update』 … 更新があるパッケージを表示する。
  • 『インストールなし』 … インストールされていないパッケージを表示する。
  • 『Show x86_64 and noarch only』 … 64ビット版のパッケージを表示する。

 

dnfdraora-name

この項目は検索文字列の対象を指定するだけである。

 

検索項目

dnfdragora-search

検索項目に文字列を入力してエンターキーを押しても検索されない。『Search』キーを押す必要がある。

 

そして最後の項目については次の様になっている。

 

  • 『Apply』 … 実行。
  • 『Check All』 … 更新時に全てのチェックボックスを選択する。
  • 『終了』 … アプリケーションを終了する。