Fedora には WordPress パッケージが存在するのだが、日本語化する方法がないなどの問題点も多い。

そこで、WordPress 日本語版を直接インストールする方法を説明する。

 

 

インストール

このサイトから「.tar.gz 形式をダウンロード」で、WordPress 日本語版を入手する。

PHP 関連をインストールする

sudo dnf install php php-pdo php-gd php-mysqlnd php-mbstring php-json

MariaDB 関連をインストールする

sudo dnf install mariadb mariadb-server mariadb-server-utils

 

 

MariaDB をセットアップ

基本的な部分のセットアップはコチラを参考にして下さい。

root で MariaDB にログインし、DB の作成などを行います。

$ mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 5016
Server version: 10.1.26-MariaDB MariaDB Server
Copyright (c) 2000, 2017, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.
Type ‘help;’ or ‘\h’ for help. Type ‘\c’ to clear the current input statement.
MariaDB [(none)]>

 

CREATE DATABASE wordpress_db CHARACTER SET ‘utf8’;
GRANT ALL ON wordpress_db.* TO ‘hoge‘@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘password‘;

※ 赤字は必要に応じて変更して下さい。

 

 

WordPress セットアップ

WordPress を解凍

$ tar zxvf wordpress-4.8.2-ja.tar.gz

WordPress をコピー

$ sudo cp -Rfp wordpress-4.8.2-ja/wordpress/* /var/www/html/

パーミッション関連の設定

$ su
パスワード:
# cd /var/www/html
# chown -R apache:apache *
# restorecon -R *
# cd wp-content/
# ls -lZ
合計 24
-rw-r–r–. 1 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_rw_content_t:s0 28 10月 1 00:02 index.php
drwxr-xr-x. 4 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_rw_content_t:s0 4096 10月 1 00:02 languages
drwxr-xr-x. 10 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_rw_content_t:s0 4096 10月 5 17:21 plugins
drwxr-xr-x. 7 apache apache unconfined_u:object_r:httpd_sys_rw_content_t:s0 4096 10月 1 09:38 themes
drwxr-xr-x. 2 apache apache system_u:object_r:httpd_sys_rw_content_t:s0 4096 10月 10 01:38 upgrade
drwxr-xr-x. 4 apache apache system_u:object_r:httpd_sys_rw_content_t:s0 4096 10月 1 09:13 uploads
#

この時、「httpd_sys_rw_content_t」が設定されていない場合は、自分で fcontext の設定を行う必要がある。

# semanage fcontext -a -t httpd_sys_rw_content_t ‘/var/www/html/wp-content(/.*)?
# restorecon -R /var/www/html

※ SELinux の設定はこのサイトが参考になります。

 

設定ファイルのコピー

# cp wp-config-sample.php wp-config.php

設定ファイル(wp-config.php)の書き換え

<?php
/**
* WordPress の基本設定
*
* このファイルは、インストール時に wp-config.php 作成ウィザードが利用します。
* ウィザードを介さずにこのファイルを “wp-config.php” という名前でコピーして
* 直接編集して値を入力してもかまいません。
*
* このファイルは、以下の設定を含みます。
*
* * MySQL 設定
* * 秘密鍵
* * データベーステーブル接頭辞
* * ABSPATH
*
* @link http://wpdocs.osdn.jp/wp-config.php_%E3%81%AE%E7%B7%A8%E9%9B%86
*
* @package WordPress
*/// 注意:
// Windows の “メモ帳” でこのファイルを編集しないでください !
// 問題なく使えるテキストエディタ
// (http://wpdocs.osdn.jp/%E7%94%A8%E8%AA%9E%E9%9B%86#.E3.83.86.E3.82.AD.E3.82.B9.E3.83.88.E3.82.A8.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.BF 参照)
// を使用し、必ず UTF-8 の BOM なし (UTF-8N) で保存してください。// ** MySQL 設定 – この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘wordpress_db‘);/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘hoge‘);/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘password_here‘);/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define(‘DB_CHARSET’, ‘utf8’);/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define(‘DB_COLLATE’, ”);/**#@+
* 認証用ユニークキー
*
* それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。
* {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵サービス} で自動生成することもできます。
* 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。
*
* @since 2.6.0
*/
define(‘AUTH_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘SECURE_AUTH_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘LOGGED_IN_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘NONCE_KEY’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘AUTH_SALT’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘SECURE_AUTH_SALT’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘LOGGED_IN_SALT’, ‘put your unique phrase here’);
define(‘NONCE_SALT’, ‘put your unique phrase here’);/**#@-*//**
* WordPress データベーステーブルの接頭辞
*
* それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
* インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
*/
$table_prefix = ‘wp_’;/**
* 開発者へ: WordPress デバッグモード
*
* この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
* テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
*
* その他のデバッグに利用できる定数については Codex をご覧ください。
*
* @link http://wpdocs.osdn.jp/WordPress%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0
*/
define(‘WP_DEBUG’, false);/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 *//** Absolute path to the WordPress directory. */
if ( !defined(‘ABSPATH’) )
define(‘ABSPATH’, dirname(__FILE__) . ‘/’);

/** Sets up WordPress vars and included files. */
require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);

※ 認証用ユニークキーはこのサイトにアクセスして自動生成したもモノと入れ替えます。
※ 必要に応じて赤字の部分を変更して下さい。

 

パーマリンク設定

パーマリンクを使用できるようにする為には、Apache の設定を書き換える必要があります。

「/etc/httpd/conf.d」に「wordpress.conf」ファイルを作成し、次の内容で保存します。

<IfModule mod_rewrite.c>
    <Directory "/var/www/html">
        RewriteEngine On
        RewriteBase /
        RewriteRule ^index\.php$ - [L]
        RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
        RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
        RewriteRule . /index.php [L]
    </Directory>
</IfModule>

この作業が終了後、Postfix を再起動します。

$ sudo systemctl restart postfix

 

WordPress の初期設定

http://localhost」にアクセスし、WordPress 日本語版の初期設定を行います。

このサイトが参考になります。