ファイルブラウザからファイルを閲覧していた場合などに、スーパーユーザーとして書き込みたい場合があります。そこで今回は、スーパーユーザーとしてファイルにアクセスする方法を紹介します。

サービスの確認

旧GNOME 系 ⇒ 『システム』>『管理』>『サービス』
GNOME3 系 ⇒ 『その他』>『サービス』
systemd-gtk ⇒ 『システムツール』>『Services』
コマンド ⇒ 「systemctl status sshd」

SSH サービス起動

  • 一覧の中に『sshd』がある事を確認する。
  • 『無効』(赤色)になっている場合は『有効』(緑色)にする。
  • コンセントが刺さっていない場合は、『開始』をクリックしてサービスを開始しよう。

 

※ Fedora 15以降ではサービスの設定方法が変更されています。詳しくはココを参照して下さい。

 

 

確認

さてここで、実際に確認してみよう。

 

旧ファイルブラウザの場合

『場所』>『サーバーに接続…』を選択

GNOME2 サーバーに接続

  • 『サービスの種類』で『SSH』を選択
  • 『サーバー名』には『localhost』を入力
  • 『フォルダ名』にはアクセスしたい絶対パスを入力
  • 『ユーザー名』には『root』を入力

 

GNOME3のファイルブラウザ

画面左上の『ファイル』>『サーバーへ接続』

GNOME3 サーバーに接続

  • 『サーバーアドレス』に「sftp://root@localhost/絶対バス」を入力

するとスーパーユーザーとしての読み書きが出来るウインドウが開く

GNOME3 スーパーユーザーウインドウの表示

このウインドウに対しては、ファイルの読み書きや編集などが、スーパーユーザー(root)として行われる。

gedit テキストエディタなどで編集したい場合には重宝する。

 

※注意 このウインドウに対する読み書きには制限が無いため、非常に危険です。不用意にファイルを編集/削除した場合、OSそのものが立ち上がらない事も考えられます。使用後は、すぐにウインドウを閉じる事をお勧めします。何が起こっても全て自己責任を念頭に。

 

GNOME3 『ファイル』(Nautilus 3.22.3)ファイルブラウザの場合

GNOME3 Nautilus 3.22.3 でサーバーに接続

  1. 左下の『+ 他の場所』をクリック。
  2. サーバーアドレスを入力(勿論、自マシンに接続する場合は「sftp://root@localhost/絶対バス」と入力)。
  3. 『接続』ボタンを押す。