WesternDigital 製の2TBハードディスク WD20EARS ( Caviar Green シリーズ )はくせもので、エコ対応とかで、「intellipark」なるものがある。

なんでも、8秒間アクセスが無いと、ヘッダピンが退避してしまう技術らしい。

データ保存専用のハードディスクなら問題無いのだが、 ブートディスクなどの場合、レスポンスの悪化や寿命を短くする可能性もある。

 

※ intellipark 問題は、現在は無くなっているようです。

 

そこで、「intellipark」回避用のシェルを作成してみました。

 

SystemVInit 版

#!/bin/bash

trap ” SIGHUP
trap ” SIGINT

function loopAction() {
while true; do
date > /tmp/disable-intellipark;
sleep 5;
done
}

loopAction &

このソースコードを『disable-intellipark』 として保存。

 

※ ソースコードが読める人は分かると思いますが、『/tmp』 のパーティションが含まれているハードディスクのみを対象としています。対象のハードディスクが別の場合は、修正してください。(パーティション毎ではなく、ハードディスク毎でOK)

 

続いて以下のコマンドを実行。(スーパーユーザー権限が必要です。

 

[root]# chmod +x disable-intellipark
[root]# cp disable-intellipark /etc/init.d/
[root]# cd /etc/rc3.d/
[root]# ln -s ../init.d/S99disable-intellipark ./
[root]# cd /etc/rc5.d/
[root]# ln -s ../init.d/S99disable-intellipark ./

 

※ この方法では、runlevel 3 及び 5 に対し行うようにしています。(通常は runlevel 5)

思い当たるフシがある人は、組み込んでみては如何がでしょうか?

※ advanced format に関しては、Fedora 14 以降は対応済なので、特に気にする必要は無いだろう。

 

Systemd 対応版

Systemd ( Fedora15 以降 ) 対応版を作成しました。

ダウンロード (.tar.gz ) ファイル BSD ライセンス

disable-intellipark-pack-1-0-1.tar.gz

解凍方法

  • GUI … ダブルクリックで解凍できます。
  • CLI … 「tar zxvf disable-intellipark-pack-1-0-1.tgz」で解凍できます。

 

インストール方法は、 ファイル内の「ReadMe.txt」(utf-8)を参照して下さい。

※ バグがあったので修正しました。()